news

スポGOMIアンバサダーに就任

2021.04.23

本日スポGOMIアンバサダーに就任しました。

スポGOMIとは「ごみ拾いは、スポーツだ!」を合言葉に 2008年より活動。ごみ拾いにスポーツの要素を設け 競技化した地球に最もやさしいスポーツ。世界的な問題となっている海洋プラスチックごみ問題や、 SDGsの達成目標が何処か遠い国のことではなく、 自分たちの生活と繋がっていることを感じてもらうためには まず地域のごみ拾いに参加し現状を知ってもらうことが 大切だと考え、環境問題に意識が薄い人でも
参加しやすいようにスポーツと融合させた活動です。

~アンバサダー就任コメント~

この度スポGOMIアンバサダーに就任させて頂きました 。 これまでも個人の活動としてビーチクリーン活動等を 行って来ましたが、これからはスポGOMIアンバサダーとして、環境問題に対する取組みを進めていきます。 

私が環境問題を意識するきっかけとなったのは、 子供の時に出場予定だった水泳大会が、水不足の為 中止になった時です。

「生活に必要な量の水がなければ、水泳はできないんだ」 と思い知らされました。

今、環境問題の一つにマイクロプラスチックがあります。 ゴミとして捨てられたペットボトルやビニール袋などの プラスチック製品が、海洋でマイクロプラスティックとなり、海洋生物の生態系の破壊につながっています。

スポGOMIは、文字通りスポーツとゴミ拾いを合わせた 誰でも参加できるスポーツです。
環境問題やゴミ拾いというネガティブな印象のある事を、 スポーツとして誰でも参加でき、
楽しみながら環境にポジティブな影響を与えらる事に 変えてくれました。
これからスポGOMIを通して、皆さんと共に日本中、 世界中の街をキレイにしていきながら、交流を深め、 街、人、環境を知り、次世代に繋がる取り組みを 進めていきたいと考えています。

https://www.spogomi.or.jp/news/20210423/

 

Share on FacebookTweet about this on Twitter