message

応援ありがとうございました

2016.08.17

日本へ帰国する飛行機内でこのメッセージを書いています。

 

まず今回のリオデジャネイロ五輪への挑戦にあたり

サポートして頂いたすべての方にお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

4月の選考会で4×200フリーリレーの代表に決まってから、

4人で金メダルを目指すと話しをして、

それからはいかにその可能性を上げていけるか、

という気持ちでレース当日まで取り組んできました。

 

相談の上、松田、江原、小堀は国内で一緒にトレーニングする事を選び、

3人でずっとトレーニングしてきました。

当然キツイ事もやんなきゃいけないし、

これまで違う調整方法でやってきた3人が本番まで一緒にトレーニングする訳なので、

それぞれ不安になる事や、思うようにいかない部分もあったかと思います。

それらをまとめてコーチングしてくれた久世コーチも随分気をもんだと思うし、

本当に大変だったと思います。

 

久世コーチ本当にありがとうございました。

 

僕自身も後輩2人を引っ張って行かなきゃいけない、

2人をメダリストにしてあげたいと思い、

トレーニングでは先陣切って頑張り、

コミュニケーションをとる中でフォローできる部分はしてきたつもりでしたが、

最終的にはその後輩達に助けられたレースでした。

騎士、小堀ありがとう。もちろん公介も本当にありがとう。

 

当初4人で話した、金メダルまでは届きませんでしたが、

この種目で52年ぶりにメダルを獲得することができました。

4年後に東京五輪を控える中、前回の東京五輪以来のメダルです。

男子自由形のメダルもそれ以来という事です。

これを日本の自由形復活の狼煙の一発目とし、これからさらに日本の自由形が強くなる事を願っています。

東京五輪ではこの種目で今回叶わなかった、金メダルを狙って欲しいです。

Share on FacebookTweet about this on Twitter